2017年09月15日

澤村投手の報道で思うこと

プロ野球の読売巨人軍の澤村投手が鍼治療によって
コンデションを崩した疑いがあると報じられました。
2月に右肩の張りを訴え球団トレーナーに鍼治療をして
もらったところ症状が悪化したとのこと。
石井球団社長や鹿取GMがトレーナーを伴い澤村投手に
謝り、澤村投手は了承したそうです。治療は電気針を
用いたとのことですので、強い刺激を与えたものと
推測されます。体の充実したスポーツ選手によく
用いられる方法です。
今回の治療が悪かったかどうかは別として、刺さない鍼
、治療量の少ない方法で最大限の効果を出せる方法を
普及出来ないものかと改めて感じました。
鍼には9種類あり、そのうち7種類が刺す鍼で、2種類が
刺さない鍼です。私は刺さない2種類の鍼を主に用いて
治療しています。写真左手が鍉鍼(ていしん)、右手が
円鍼(えんしん)と言います。どちらも先が丸いので
刺さることはありません。
刺さない鍼.jpg
「刺さなくても治るのですか?」と聞かれることがありますが、
十分に治療効果を上げることが出来ます。
私の治療院にも場所柄西武ライオンズの選手や競輪の選手
早大陸上部の選手を始め様々なスポーツ選手が来院されますが
「痛みが取れるだけでなく疲れにくい体になった」と喜ばれています。
もちろん刺さない鍼治療で結果を出すにはテクニックが必要で
私も日々研鑽努力しています。
今後も体に優しく治療効果の高い治療法を皆様に施すとともに
普及啓発に努めたいと思います。
posted by よしの at 14:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記